iphoneは便利ですが、月々のスマホ代は決して安いとは言えません。
しかしWiMAXを併用すれば、音声通話も無料の音声通話アプリの利用により、料金を節約できますし、動画の視聴などのデータ通信についても、iphoneのLTE回線のかわりにWiMAX回線を使うことで、その分のiphoneの契約ギガ数を減らしてトータルの通信費を節約することができます。
具体的な方法のご紹介、実際どれほど節約できるのか等、WiMAXを使ったiphoneの通信費節約のすべてをご紹介します。

 

そもそもiphoneでWiMAXは使えるの?

もちろん大丈夫です。
iphoneの契約が、docomo、au、ソフトバンク、Y!mobile等、どのキャリアであってもWiMAXに接続することが可能です。

 

iphoneとWiMAXの接続方法

 

「設定」⇒「Wi-Fi」で表示されるネットワークを選択の中から、WiMAXを選び、次画面の「パスワード」欄にWiMAX端末に表示されているセキュリティーキーを入力すればそれでOKです。一度設定してしまえば、あとはiphoneが自動的にWiMAXに接続してくれます。

 

テザリングとWiMAXどちらがトク?

テザリングは、外出時利用できるwifiが見つからないときに、一時的にスマートフォンのデータ通信を使ってパソコンやタブレットをインターネットに接続できるので、大変便利です。
しかし、テザリングをやり過ぎると、速度制限にひっかかることも多く、肝心なときにiphoneのデータ通信が使えないこともあります。
あくまでテザリングは一時的な利用と考え、頻繁に行いたい場合はWiMAXを利用されることをお勧めします。

 

WiMAXとの併用でiphoneの料金を減らす方法

iphoneの料金はキャリアによって名前は違いますが、基本的には、
音声通話の料金 + データ通信の料金 で構成されています。

 

まずは音声通話の料金を減らす方法からご紹介しましょう。

音声通話の料金を減らす

1. 格安SIMにする
スマホ代を減らすのに一番簡単な方法が、3大キャリア(docomo,au,softbank)から格安SIMにすることです。
格安SIMは、ネットで簡単に申し込めます。
申込が済んでしまえば、iphoneに挿されている3大キャリアのSIMカードを、格安SIM会社から送られてきたSIMカードに差し替えればそれで完了です。

 

カケホーダイやスマ放題で音声通話を頻繁に使うという方は、以下の3社がおすすめです。いずれも5分かけ放題で、
楽天でんわ 月額850円
OCNでんわ 月額850円
DTIでんわ 月額780円
で使えます。

 

しかし・・・

 

「格安SIMはどうもよくわからん」
「すぐに今の契約を解約すると解約金をとられるから、すぐには解約できない」
という格安SIMに気が進まないという方は、次の方法がおすすめです。

 

2. スマホの料金プランを最安のプランに変更する
データ通信部分はWiMAXを使いますから、スマホの契約ギガ数は最小にします。
具体的には、以下の最安プランに変更します。

 

au
auピタットプラン(スーバーカケホ)の1GB
月額2,480円
(注1)2年度目以降は3,480円になります
(注2)よくauピタットプランは1,980円からとありますが、これはauスマートバリューというネット回線とセットの場合に適用になる割引額500円が反映された金額です。
(注3)5分以内の通話はかけ放題です。時間の縛りがないかけ放題の場合はプラス1,000円です。

 

ソフトバンク
ホワイトプラン+WEB使用料+パケットし放題 for 4G LTE
月額3,234円(934円+300円+2,000円)

 

ただし、音声通話を頻繁にする人なら、スマ放題ライト1,700円+WEB使用料300円
+データ定額5G5,000円=7,000円が最低となるので、やはり格安SIMをおすすめし
ます。

 

ドコモ
カケホーダイライト+spモード+データ(s)パック2GB
月額5,500円(1,700円+300円+3,500円)

 

ドコモには、ソフトバンクのホワイトプランのようなプランがないため、最安プランに
してもどうしても高くなってしまいます。そのため、スマホ代を大きく減らすというこ
とであれば、やはり格安SIMをおすすめします。

 

データ通信部分の料金

データ通信部分は「WiMAXの担当」ということになります。
WiMAXの無制限プランは「ギガ放題プラン」といいますが、業界最安級のBroad WiMAXの場合、月額3,411円で利用することができます。

 

業界最安級で人気のプロバイダ「Broad WiMAX」の公式ページはこちら

 

WiMAXとiphoneの併用でいくら安くなるのか?

まず、上記の格安SIMを使う方法、つまり「1」の方法の場合は、トータルの料金が、
楽天でんわ、OCNでんわ 850円+3,411円=4,261円
DTIでんわ 780円+3,411円=4,191円
となります。

 

この月額料金で、5分以内の通話(格安SIM)・データ通信(WiMAX)とも「使い放題」使えます。

 

また「2」の方法の場合のトータルの料金は、

  • au 2,480円+3,411円=5,891円
  • ソフトバンク 3,234円+3,411円=6,645円
  • ドコモ 5,500円+3,411円=8,911円

となります。

 

3大キャリアでデータ通信量5GBのプランと比べれば、

  • auピタットプラン(スーバーカケホ)5GB 5,480円
  • ソフトバンク ホワイトプラン+パケットし放題フラット7GB 6,934円
  • ドコモ カケホーダイライト+データMパック 7,000円

と、WiMAX+iphoneのほうが高いのですが、これはあくまでデータ通信量5GBの話。
YoutubeやHuluといった動画を頻繁に見る方は、とても5GBでは足りませんから、ギガ数が20GBや30GBといったプランを選ぶことになります。

 

こうなると、

  • auフラットプラン30(30GB)月額7,500円
  • ソフトバンク スマ放題ライト+ウルトラギガモンスター50(50G)月額9,000円
  • ドコモ カケホーダイライト+ウルトラデータLLパック(30G)月額10,000円

とかなり高くなってしまい、圧倒的にWiMAX+iphoneのほうが安くなります。

 

業界最安級で人気のプロバイダ「Broad WiMAX」の公式ページはこちら

 

WiMAX併用時の注意点

実は通信制限が!?

WiMAXの「ギガ放題」プランは、実は100%無制限に使えるというわけではありません。
厳密に言えば、3日間で10GB以上利用した場合は、通信速度が1Mbpsになります。

 

ただし、1Mbpsという速度は、youtubeの標準画質動画を観るには何の問題もないほどの速度ですので、その他WEBサイト閲覧、メール、SNS等、通常の利用には支障はありません。

 

LTEと比べて繋がりにくい場所も

WiMAXはiphoneのデータ通信回線であるLTE同様、人口カバー率9割以上ですので、日本全国をカバーしてはいますが、LTEとは電波の種類が違うため、場所によってはLTEは使えるのにWiMAXは使えないということもあります。

 

しかし万が一、自宅やWiMAXの利用を予定している場所で、WiMAXを買ったのは良いがつながらないといった場合には、初期契約解除制度といって、申込後8日以内ならWiMAXの契約を白紙撤回することができますから安心してください。

 

WiMAXの申込はBroad WiMAXで

WiMAXを運営しているのはUQ WiMAXですが、UQ WiMAXに直接申し込むと、料金が高いため損です。
WiMAXを扱っているどこのプロバイダから買っても、WiMAXのサービスや機能自体はまったく同じですから、安いところで契約するに限ります。

 

その点で、業界最安級で人気のプロバイダ「Broad WiMAX」がおすすめです。
前述のとおり、「ギガ放題プラン」の月額料金は3,411円です(UQ WiMAXは4,380円)

 

業界最安級で人気のプロバイダ「Broad WiMAX」の公式ページはこちら

 

auのユーザーならauスマートバリューmine割引があるのでは?

確かに、auユーザーであればauスマートバリューmine割引の対象となります。
しかし、auスマートバリューmineの割引額は、最大で1,000円となっています。
しかもその適用条件は、iphoneの契約プランでギガ数が20GBや30GBの場合であり、それ以下の3GBや5GBでは割引額が500円しかありません。

 

今回の趣旨は、iphoneの契約プランのギガ数を最小にすることでスマホ代を下げることですから、1,000円割引の対象とはならず、500円の割引となります。
それであれば、Broad WiMAXでauスマートバリューmineを使わないプランのほうが安くなります。

 

auスマートバリューmine利用UQ WiMAXプラン
ギガ放題プラン 4,380円 auスマートバリューmine適用後の実質月額料金3,880円

 

auスマートバリューmine不使用Broad WiMAXプラン
ギガ放題プラン 3,411円

 

通話料節約の方法(番外編)

実は、今の契約をやめて、しかも格安SIMも使わずに、WiMAXとiphoneの組み合わせだけで、音声通話を行うことはできます。

 

完全無料の方法

LINEやSkypeを使えば、完全に無料で音声通話ができます。
WiMAXを「ギガ放題プラン」にしておけば、データ通信量を気にする必要がないので、何時間でも利用できますし、音声通話だけでなくビデオ通話を楽しむこともできます。

 

ただし、LINEもSkypeもあらかじめ登録した相手でないと、利用することができません。

 

基本料金無料、30秒8円

好きなところに自由に電話をかけたいという場合は、「SMARTALK」のような無料通話アプリを使いましょう。
初期費用・基本料金・留守番電話すべて無料で、国内・国際・携帯・固定問わず30秒8円、SMARTALK同士や相手が無料通話可能な050番号なら通話料無料で利用することができます。

 

また、050から始まる自分専用の電話番号をもらえるので、その番号を相手に伝えておけば、相手から電話を受けることも可能です。